【和食名店のランチ天麩羅コース】週末限定「小料理 藤緒」がランチ始めたよ! @長崎市鍛冶屋町

1.グルメ

こんにちは!
ながさーちの美食ライター、市原 伝です!

先日、鮨コースを紹介した長崎和食の名店、「小料理 藤緒」さんが10月より金曜・土曜限定でランチを始めましたので早速行ってきました!

毎月、第3週を除く金曜・土曜限定の天麩羅コースのランチになります!
※毎月第3週は夜に鮨コースのためランチはお休みです。

予想以上の最高のランチコースでした。
藤緒さんに行ったこと無い方でも行きやすいと思いますよ♪
また、藤緒さんの常連さんも夜とは全く違うコース構成なので楽しめます!

金額は税込5,500円。
お料理3品、天麩羅8~9品、天茶か天丼、汁物、デザートのコースになります。
なお、一日に四名定員になります。

・第3週を除く金曜・土曜限定の天麩羅コースのランチ(要予約)
・税込5,500円(お料理+天麩羅+天茶or天丼+汁物+デザート)
・定員四名
・常連さんでも初めての方でも誰でも楽しめる最高のコース
Sponsored

「小料理 藤緒」コースの種類について

「小料理 藤緒」さんは現状3種類のコースがあります。

ただし、いつでも選べるわけでは無く、期間や時間帯に決まりがありますのでご注意ください!

コースの種類

全コース要予約となりますのでご注意ください!

・和食コース…通常のディナータイム(ただし第3週は除く)
価格は税込8,250円(通常)と12,100円(長崎で取れる魚介使用)の2コース。

・鮨コース…毎月第3週の月~土曜のディナータイム
価格は税込13,200円(料理+寿司11貫)と11,000円(料理+寿司8貫)

・天麩羅コース金曜・土曜のランチタイム(ただし第3週は除く)
価格は税込5,500円のみ。

期間や時間帯によって3種類のコース
・全コース要予約
・第3週を除いた通常のディナータイムの和食コース
・第3週のみのディナータイムの鮨コース
・第3週を除いた金曜・土曜ランチタイム限定の天麩羅コース
Sponsored

ある日のランチ天麩羅コース

天つゆか塩かお好みで

伺ったのは10月上旬、2名で伺いました。

まずお料理が3品出た後に天麩羅、と続きますよ。
天麩羅は「天つゆ」か「お塩」で楽しめます。
お塩は藤緒さんお馴染みの平戸の釜焚き塩です!
天つゆには鬼おろしの大根が入っています。

お料理

ツルムラサキと蕪の炊き合わせ
胡麻ダレ付

まずは1品目、「ツルムラサキと蕪の炊き合わせ、胡麻ダレ」です。
藤緒さんはお野菜料理も抜群に旨いです。
ツルムラサキ独特の粘り気と香り、出回りだした蕪のほっこり具合と見事な調理です。
胡麻ダレも主張しすぎず美味しくいただきました。

本鰹と山芋の海苔酢かけ
粒マスタード添え

お料理2品目は「本鰹と山芋の海苔酢かけ、粒マスタード添え」です。
藤緒さんは鮨コースもやる程にお魚料理がめちゃくちゃ旨いです。
お魚料理といえば藤緒さんを挙げる人もいるほど。
天麩羅がメインのランチコースですが、お刺身も食べられて幸せでした。
そして大好きな海苔酢!
要は岩のりみたいな、「ご飯です○」みたいな感じですね。

渡り蟹と新玉葱のティラミス

お料理最後の品は「渡り蟹と新玉葱のティラミス」です。
ティラミスは最近の藤緒さんでは一番人気とのこと。

ココアパウダーに見える物は「醤油の絞りかす」です!
新玉葱の甘さと醤油のしょっぱさで不思議な甘じょっぱさ。
しかもフワフワ。
これは人気なのも頷けます。

天麩羅

銀杏の素揚げ

さて、いよいよ天麩羅です。
と、天麩羅の前に「銀杏の素揚げ」が口直し的な感じで出てきました。
平戸の釜焚き塩が振られています。

足赤海老の身

天麩羅1品目は「足赤海老の身」です。
海老の旨さもさることながら、衣のサクサク具合もいいですね。
まずはお塩を付けて半分食べて、そのあと天つゆに浸けて食べました。

墨烏賊

2品目は「墨烏賊」です。
お塩がオススメとのことで、お塩を付けていただきました。
「熱っ!柔らかっ!」と言うのがまず一言目。
揚げたてなので熱いのですが、イカの柔らかさにも驚きました。
そして噛むほどに感じる甘味。
旨い!!

長崎産新いんげん豆

3品目は「長崎産新いんげん豆」です。
出始めなんですかね。
筋ばっていなくて柔らかい、だけど風味をしっかり感じるいんげん豆でした。
お塩に天つゆに分けていただきましたよ。

足赤海老の頭

次は1品目にも出た「”足赤海老”の頭」です。
こちらもまず少しお塩を付けて食べ、残りを天つゆに浸けて食べました。
海老全体のサクサク感がたまりません。
上品な海老煎のような、濃厚だけど野暮ったくない味わいでした。

山芋

4品目は「山芋」です。
山芋の天麩羅って初めてかも…。
めちゃめちゃ旨いですね。
しっかり揚げるので皮付でOK!
中はホクホクしていました。

雲仙産オクラ

5品目は「雲仙産オクラ」です。
切ってあったのでお塩と天つゆとに分けていただきました。
大きなオクラでした。
オクラの風味も感じることができ美味しかったです。

黒豚諫美豚

6品目は「黒豚諫美豚」です。
鹿児島産黒豚に諫美豚同様の「にこまる」というお米を食べさせて育てた豚肉です。
豚肉特有の臭さがなく、それでも豚肉特有の旨味溢れる上質な豚肉です!
こちらを揚げた上で「パプリカと赤玉葱」のピクルスが添えられています。
酢豚みたいな感覚でサッパリといただきました!

米茄子

7品目は「米茄子」です。
めちゃめちゃ熱いです。
なので、天つゆで食すのがオススメ。
それでも熱いのでゆっくりと食べました。
とても肉厚な米茄子です。
「お腹一杯なら半分でもいいですよ」とのことでしたが、食いしん坊の私は一枚いただきました。

コノシロ

そして、8品目はこの天麩羅コースのスペシャリテ、「コノシロ」です。
今回のコース、一番感動しました。
この一品を食べるために皆様是非行くべきです。
1週間程じっくり塩水につけて脂を身全体に広げる。
その後開いて塩振って、酢で締めるという手間暇かかる工程を経て提供される一品。
長崎のグルメを好きな方々には全員に食べて欲しい、自信を持ってオススメします。
身全体の脂、酸味、塩味、食感全てがパーフェクトです!!

穴子

天麩羅ラスト9品目は「穴子」です。
フワフワで身厚の穴子。
脂もしっかり乗っていて美味しい一品です。

お好みで七味を

途中に提供された「七味」です。
お好みで天つゆにいれてとのこと。
最後の穴子の時に天つゆに加えていただきました。

〆のご飯

天丼
天茶

〆のご飯は「天丼」「天茶」を選べます。
2人で行っていたので一つずつお願いしました。

私は「天丼」を。
美味しいお米にかき揚げの乗った天丼。
サクサクしたかき揚げは絶品。
かけているタレと絡めて美味しくいただきました!!

「天茶」は天丼にタレではなくて東彼杵のお茶をかけています。
また、アオサチップも添えられていますよ。
取っ手付のお椀なので熱さも気にならず持て、最後はかっ込むことができます。
一口(いや、二口、三口?)いただきましたが、上品な味でした。

漬物

あと白菜と蕪を使った「漬物」も出てきました!
こちらもしょっぱくて美味しい♪

汁物

春菊の味噌汁

汁物は「春菊の味噌汁」でした。
春菊は今年初です。
とても香りが良かったですね。
ほっこりしました。

デザート

サツマイモの蜂蜜かけ

デザートは「サツマイモの天麩羅、蜂蜜かけ」です。
サツマイモは1時間半くらい揚げたり出したりを繰り返しじっくりと揚げたそうです。
ホクホクのサツマイモ。
焼き芋のような甘さもありながら、しっかりとした歯応えもあります。
蜂蜜で甘みを補っています。
別の日には紫芋の天麩羅の日もあったようですよ。

会計

会計は合計で税込13,870円でした!
天麩羅ランチコースが5,500円×2名分で11,000円。
あとは生ビール(770円)、自家製シロップのソーダ割(700円)※蜜柑とカボスのシロップ、冷やしほうじ茶(440円)、日本酒をグラスで2杯いただきました。
※ビール1杯、日本酒2杯、シロップソーダ割1杯、冷やしほうじ茶1杯

ちなみに、自家製シロップのソーダ割りですが、その日は蜜柑とカボスのシロップでした。
甘さを抑えてあり、藤緒さんの食事を全く邪魔しないノンアルコールドリンクです。
カボスが良い仕事していました。

とても満足度の高い最高のランチコースです。
藤緒さんに初めて行く方も行きやすいかもしれません。
常連さんでも夜のコースとは全然違うので楽しめます。絶対に行くべきです。

Sponsored

店舗詳細

店舗の詳細(地図や住所、電話番号、営業時間、SNS等)は下記を参照してください。

小料理 藤緒
住所:長崎市鍛冶屋町6-1 六番館ビル4F
TEL:095-825-3676
営業時間:(昼)12時から※第3週をのぞく金曜・土曜のみ
(夜)18時から22時30分まで(ラストオーダー22時)
※鮨コースの日は18時30分~開始
定休日:日曜日、祝日、第3週以外の火曜日(※祝日は予約や日によって営業有)
URL:https://www.koryourifujio.com/
Instagram:https://www.instagram.com/hiroto0007/
タイトルとURLをコピーしました