【長崎のミシュラン一つ星獲得店】一つ一つの素材が美味しい…「小料理 藤緒」にて食事をしました。

1.グルメ

こんにちは!市原 伝です!
今回はミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版にて一つ星レストランとして掲載された「小料理 藤緒」さんに行ってきましたので、その食レポを記載します。
なお、以前アップしました「板前料理 堂山」さんは二つ星、「中国料理 紅灯記」さんはミシュランプレートという評価で掲載されております。

長崎一の繁華街、思案橋や浜町アーケードのすぐ近く、鍛冶屋町にお店があります。
ビルの4階に入っております。

Sponsored

現在のコース料理について

「小料理 藤緒」さんはコース料理のみの提供になります。
また、現在のコースは下記の内容になります。(令和3年4月現在)

  • 8,250円(税込)コース※第3週以外…付出し、魚・肉料理、椀物、揚げ物、ご飯等の和食コース
  • 13,200円(税込)コース※毎月第3週のみ…お任せ寿司コース(一品料理、握り等)

なお、寿司コースは原則18時30分開始の1回転のみとなっております。
(まれに19時開始の日などもあるようですが、その日は同じ時間でのスタートとなります。)

また、いずれの利用にしても事前の予約を必ずお願いします。

・現在のコースは2種類(令和3年4月現在)
・毎月第3週以外は税込8,250円の和食コース
・毎月第3週は税込13,200円のお任せ寿司コース
・お任せ寿司コースは同一の開始時間(原則18時30分から)の1部制のみ
・いずれにしても要予約
Sponsored

ある日のディナータイム

3月最終週、よくお酒を飲む4人で伺いました。
3月の最後の週でしたので今回は8,250円の和食コースとなります。

付き出し

春野菜のおひたし
木の芽味噌和え

まずは付き出しになります。
今回は「春野菜のおひたし 木の芽味噌和え」です。
いや~、初っ端から感動しました。
春野菜が最高に美味しく仕上げられています。
木の芽味噌も良い働きです。
アスパラやウド、ほうれん草、ワラビ等が入っていました。
口の中が春に溢れています。

「さ、今日のコースを楽しむぞ!」という意気込みが生まれてきます。

刺身など魚料理3品

アオリイカの刺身

「小料理 藤緒」さんはいわゆるお刺身盛り合わせはありません。
一品一品工夫を凝らして提供されます。

まずは「アオリイカの刺身」です。
こちらはお好みで塩か山葵かで食べてください、とのことでした。
また、生醤油も付いてきています。
お好みで色んな食べ方が出来ます。

そして、このアオリイカの旨さも特筆に値します。
ねっとりと旨味に溢れるアオリイカ。
一噛みごとに感動に溢れます。

なお、既にかなりのお酒が進んでおります…。。

鯵の胡麻ダレかけ

3皿めは「鯵の胡麻ダレかけ」です。
鯵のお刺身に薬味と胡麻ダレがかけらています。
いや~、これまた新しい味でした。
鯵を山葵ではなくおろし生姜と醤油で食べるということはよくありますが、胡麻ダレ。
全然鯵も負けていないんですよね。
むしろ生臭さが一切せずに胡麻の風味が鯵を引き立ててくれています。
これは凄い!

さらに続く今回のコースの期待値がどんどん高まります。

ヨコワマグロ漬けとウニシャリ

そして…なんと、「ヨコワマグロ漬けと雲丹シャリ」です!

見てください、この輝き!!
シャリに使われているお米は「九十九雫」という長崎北部で生産されている棚田米
炊き加減も抜群でした。
なお、炊き上がったお米に雲丹を混ぜ込んでるとのことです。
お好みで山葵を付けたり、雲丹シャリとヨコワマグロを一緒に食べたり、ヨコワマグロだけかぶりついたり…

色んな食べ方を楽しめます。

椀物

ハマグリのお吸い物

椀物は「ハマグリのお吸い物」です。
季節の筍も入っていますし、写真で薄っすらと見えるように大きなハマグリが入っております。
木の芽の香りと出汁の香りも良い香りです。

ほっと一息つける、そんなお吸い物でした。

焼き物

原木椎茸とアスパラのソテー
カリフラワーのピューレ
自家製唐墨

焼き物は「原木椎茸とアスパラのソテー、カリフラワーのピューレ、自家製唐墨」です。
底にカリフラワーのピューレが敷いてあります。
その上に大きな原木椎茸とアスパラのソテーが乗り、さらに自家製唐墨があります。

長崎は唐墨専門店も多いですが、自家製で仕込んでいるお店も多いです。
自家製唐墨の利点は専門店では販売できないようなねっとりとした唐墨を提供できること。
(専門店では保存の問題で水分の多い唐墨の販売は難しいようです)。

味の濃ゆい唐墨と優しい味わいのカリフラワーのピューレ、これらが原木椎茸とアスパラをより引き立ててくれています。
お互いが主張しすぎることなく高めあいながら、時には主張を交互に出し合いながら、1つの料理として完成されています。

合肴(あいざかな)…焼き物と揚げ物の間の一品

鶏レバーの味噌漬けと玉ねぎのパテ

出ました。
藤緒さん名物「鶏レバーの味噌漬けと玉ねぎのパテ」です。
脂の多い白レバーを低温で茹でて味噌床につけた一品。
これだけでお酒がかなり進んでいきます。

このパテと日本酒、パテを一噛み日本酒一口、パテを一嚙み日本酒一口…
まさに永久運動!
どちらかが尽きるまで続いていきます。

なお、クロワッサンが添えられています。

揚げ物

マハタの天ぷら
蕗の薹の味噌

揚げ物は「マハタの天ぷら、蕗の薹の味噌」です。
蕗の薹(ふきのとう)の味噌は下に敷いてあります。

写真の角度を変えると蕗の薹味噌が見えます。

脂の乗った高級魚のマハタ、サクッと天ぷらにして揚げられています。
そして蕗の薹の味噌!
この味噌が山菜らしい良い苦みがあり1つのアクセントとなっております。

蕗の薹味噌だけでも酒のつまみになりますし、天ぷらと一緒に食べても良いですし、これまた色んな楽しみ方ができるお料理でした。

お肉料理

出島ばらいろのローストビーフ

肉料理は「出島ばらいろのローストビーフ」です。
全国の品評会でも金賞を獲得した長崎のブランド和牛の「出島ばらいろ」
霜降りと赤身のバランスがよく、肉本来の旨味を楽しみながら脂身がさっぱりしている特徴を持ちます。

しっかりと中まで火が通っておりますが、柔らかい。
お好みで山葵をつけて食べるとさらにサッパリもしますよ。

ご飯物

タケノコのご飯

ご飯物は「タケノコのご飯」です。
山菜の素揚げが混ぜ込んであります。
山菜の苦み、筍の旨み、お米の甘み、これらが上手く調和しており〆の一品まで大満足の一皿です。

最後に熱燗を合わせていただきました。

水菓子

苺と林檎と蜂蜜のシャーベット

水菓子は「苺と林檎と蜂蜜のシャーベット」でした。
某カレールウの宣伝のようなタイトルですが、最後にお口がさっぱりとします。

苺だけ、苺と蜂蜜だけではくどくなりそうですが、リンゴが入っていることでさっぱりといただけました。

会計

今回はよくお酒を飲む4人での来訪となりました。
会計ですが、

  • 1人税込8,250円のコース
  • 生ビール×4杯
  • 日本酒2合×5種類
  • 赤ワインボトル1本

合計55,880円、1人あたり13,970円となりました。

生ビールが750円くらいです。
日本酒は1合あたり900円~1,500円くらいでした。
ワインボトルも6,000円~9,500円くらいです。

よくお酒を飲むメンバーということもありましたが、当然酒量を抑えるともう少し金額を抑えることも可能です。

コース料理を堪能して

いかがでしたでしょうか。

和食のコース、付き出しから刺身、椀物、焼き物、揚げ物、肉料理、ご飯物、水菓子と一通り堪能できました。

そして料理一つ一つの美しさもさることながら、器や酒器の美しさも目を見張ります。

目で、香りで、食感で、五感で味わうことが出来る…楽しい一日でした。

魚料理や野菜料理を見てわかるように旬の味をとても大切にしていることがわかります。
ですので、季節ごとにガラッとコース構成が変わることとなるでしょう。
その都度楽しめる、そういったお店です。

1人でお酒を楽しむ、団体でお酒を楽しむ、デートで料理を楽しむ、夫婦で特別な日を楽しむ…
色んな楽しみ方が出来る、そういったお店です。
ぜひ一度行ってみてください!!

なお、夏場に短パンサンダルはNGとのことですのでご注意ください。

・季節の味を楽しめる和食コース(税込8,250円)
・料理の盛り付けはもちろん、食器類も美しい
・お酒の種類も豊富
・ドレスコードとして夏場の短パン・サンダルはNGとのこと
Sponsored

店舗詳細

店名

小料理 藤緒

住所

長崎市鍛冶屋町6番1号六番館ビル4階

電話番号

095‐825-3676

定休日

日曜日・祝日・第一月曜日(令和3年4月現在、変更あり)

営業時間

18時~22時30分(ラストオーダー22時)

公式サイト
この記事を書いた人
市原 伝

長崎のグルメブロガー、市原 伝(いちはら でん)と申します。
「ディーンイチハラ浪漫譚」という
・食レポ
・レヴュー系(本や映画等)
・神道系
・複業系
の4本柱の雑記ブログを運営しております。
ながさーちでは主に食レポのブログを書くことになるかと思います。
よろしくお願いいたします。

市原 伝をフォローする
1.グルメ中心部長崎グルメ長崎市
Sponsored
シェアする
市原 伝をフォローする
ながさーち|長崎の観光スポット・グルメ・イベント情報など
タイトルとURLをコピーしました