今日明日と長崎市で開催される「2018ながさきみなとまつり」

2日で合計10000発の花火が打ち上げられます。

 

28日は音楽とレーザー花火を組み合わせた700発の花火を楽しめ
明日29日は「世界文化遺産登録記念花火」として3000発打ち上げられます。

 

今年はより熱いので、なるべく余裕を持って花火を楽しんでもらうために
定番スポットと新しく2つのスポットを紹介します。

出雲近隣公園

出雲浄水場の跡地として日頃は親しまれている公園で
少ないですが駐車場もあります。
近隣の方は歩いて行くとまわりの歩道からでも見れます。

車は駐車禁止の赤いコーンと誘導員がいるので路上駐車はできないようになっています。

鍋冠山よりも低い位置から長崎港が見えるので、視線の位置もいいですね。

まわりは木や草もあり、蚊がいるので虫除けスプレーは忘れずに。
自動飯場機はありますが、コンビニは近くにないので、水分やビールなどは買っていきましょう。

トイレはありますが、ゴミ箱は基本ないのでゴミは持ち帰るようにしましょう。

唐八景

長崎の人でも当八景はなかなか行かないかもしれませんが
しっかりと花火を見ることができます。

一番高い展望台付近から見ることができるので
場所は限られていますが、駐車場もトイレもあるので
いいですね。

こちらもゴミ箱はないので、持ち帰りましょう。

 

他にもLALA愛宕などからも仕事帰りに見れるかもしれませんが
駐車など基本的な交通ルールと
人に迷惑がかからないように注意してお祭りを楽しく過ごしてください。

 

その他の定番スポットはこちらから

[surfing_other_article id=194]

 

また、夜になっても気温は高いので、熱中症にも気をつけてください。
立ったままや、見て終わって急に立つと気分が悪くなったりするので
BOC-ATC(米国公認アスレティックトレーナー)さんが、書かれている
熱中症の基本的な知識・原因・予防・対処の方法
のサイトがすごく詳しく書いているので
正しい情報を持ってお出かけしてください。

[surfing_su_quote_ex cite=”熱中症ドットコム” url=”https://nettyuusyo.com/fluid-replacement/”]【まとめ】最新の科学的根拠に基づく熱中症予防のための水分補給[/surfing_su_quote_ex]