【佐世保からの刺客!?らーめん砦】こういうラーメンを食べたかったんだよ!浜の町withビル2階

1.グルメ

長崎のラーメン激戦区「浜の町・思案橋エリア」。

つい先日、麺BAR庭がオープンしましたが、らーめん砦が出店したのは去年の夏。新しいお店ですね。その人気はすでに確立されていて、一定のファン層を取り込んでいます。

本店のある佐世保エリアでは人気No,1といっても過言ではなく、数々の賞を受賞するほどの実力店。それほどの実力店が浜の町にどかーんと出店!

今回、食べてみて分かりましたよ。「そうそう、これだよ!こういう上品なラーメンを食べたかったんだよ!」というのが素直な感想です。

というわけで、砦のラーメンを紹介していきまーす♪

らーめん砦 長崎浜の町店|美味しいラーメン屋が集まるエリア

らーめん好きに関わらず、多くの人が知っている「らーめん砦」。砦グループとしては全国展開もしています。

場所は思案橋ラーメン、かどや、麺BAR庭、三八ラーメンなどが集まる長崎最大のラーメン激戦区。(2~3分歩けば、らーめん柊や麺也オールウェイズもありますね)

ビルの2階なのに行列ができるほど美味しいということで、潜入調査に行ってきました!(←ただ、ラーメンを食べたいだけ笑)

こちらのお店は、長崎では珍しく豚骨メインのラーメン屋さんではありません。貝白湯か醤油系かという感じです。

 

ビルの2階の奥。スープの香りを目印にしましょう。

ビルの2階というだけあって、さすがにお店の住所を知らないと辿り着きません。

路面店ではないので、味で勝負!ということなんでしょうか。

そして、いざ入店!

一般的なラーメンの価格よりは少しだけ高価格帯な値段設定です。しかし、美味しければ問題ありません。

ちなみに、砦らーめんと海老潮らーめんの2種類が貝白湯(カイパイタン)スープです。砦といったら貝白湯ですもんよね。

 

▼以前、食べた「砦らーめん」の写真▼

これが「砦らーめん」。ビジュアルが美しい

ホタテやアサリなどがふんだんに使用されている貝白湯のスープ。さっぱりとした味の中には確かなコクが感じられます。

スープは最後らへんになると旨味と塩辛さが増してくるので、そこでダンクライス(200円)を入れるのがオススメ!塩とごはんが合体して鬼に金棒レベル。

 

というわけで今回、僕は何を食べるのかというと、浜の町店限定の「長崎特級中華SOBA」です!

 

出てきました!長崎特級中華SOBAです!どーん!

良い色してますよね。数分眺めても飽きません。

着丼した瞬間、ほのかに醤油系の香りがします。あれ、僕は醤油の国に迷いこんでしまったかな、と錯覚してしまうほど。

まずは、スープから飲んでみます。ゴクリ。うむ、醤油の味がしっかりしていて、しかしそれほど濃くないのでレンゲが進む。このスープはクセになります。美味しい。

朝、起きたらこのスープで顔を洗いたい、そんな気持ちになります。

 

麺は、細麺よりも一回り太いサイズ(中太麺と細麺の間くらい)。スープによく絡みます。

硬さも丁度よくコシがあるので最後までノンストップで食べきれます。

 

そして、極み付きは、このチャーシュー。火を通し過ぎない絶妙な火加減で丁寧に仕込まれています。

これが見た目以上にしっかりした味で、噛み応えも十分あり。こんなに美味しいなら最初に「肉増し」にしておけばよかった。。

夜、寝るとき、このチャーシューを枕にして眠りたい、そんな気持ちになります。

 

らーめん砦。貝も醤油も上品な味わい。

砦といえば、貝白湯スープが有名ですが、浜の町店限定の「長崎特級中華SOBA」も是非食べてみてください!

僕は思いましたよ。「これこれ!こういうのが食べたかったんだよ!」と。

らーめん砦は特に平日ランチや土日は行列ができるほどの人気実力店。砦らーめんや長崎特級中華SOBAは常設メニューですが、定期的に限定メニューが発売されています。現在は4月限定で「圧倒的雲丹らーめん」を提供中。

▼浜の町店のTwitter▼

 

高級お寿司屋さんみたいな店内。

お土産でお持ち帰りもできる

お水がサーモスで出てきた瞬間に、この店はただ者ではないと感じた笑

 

創作らーめん 砦の店舗情報
店名:らーめん砦 長崎浜町店
住所:長崎県長崎市浜町10-21WITHビル2F
営業時間:11:00~15:00(L.O14:30)、18:00~ラストオーダー21:30(スープ無くなり次第閉店)
定休日:不定休
HP:https://kaipaitan.com/
Twitter:https://twitter.com/TORIDEPRIDE
タイトルとURLをコピーしました