【ネコ好き必見♪】島でのんびり暮らすネコたちと出会う、癒やしの旅へ出かけよう!

こんにちは!
ネコ好きなのに、親しくなった人には「性格は犬みたいだね」とよく言われるてくてくです!

今回は高島のネコを特集してみました。
高島に来たらきっと会えるであろう、可愛くも凛々しいネコちゃんたちの写真が盛りだくさん♪

使用している写真は全て、高島LOVERSのメンバーでもある京都在住のフリーカメラマン、大島猛(オオシマ タケシ)氏より拝借しています。
ありがとうございますm(_ _)m

住民よりも多い!?ネコあふれる島、高島

高島の住民は、370人とちょっと。
ネコは実際に何匹いるかはわかりませんが、ネコがいない場所がないと言っても過言ではないくらい、右を見てもネコ、左を見てもネコ。

時間帯にもよるけれど、高島の道には、ネコが普通にねころがっています。
車を運転する側としては、ちょっと邪魔な存在…

でもこの図々しさがたまらない…!という人も多いはず。

動かすなよ、動かすなよ…ぜったい動かすなよ?

おい、動かすなって言っただろ!?

車の下で寝るのが気持ちいいんだよ!

彼らは本当に、自由です。

なに見てんのよ。

階段は歩くもの、なんて常識は、人間だけのもの。

たまには、ねころんでみたら?

とでも言われているかのよう。

室外機ビフォー(右)アフター(左)。

アタシ、こっちの室外機じゃないとイヤなの。

え?きれいな方で寝ないのかって?

バカね、あっちはときどきガタガタ動いたり熱くなったりするのよ。

ネコには呼び名がついている子も。

この子は市場にいる、ちょろんちゃん。

わりと人に馴れた、かわいらしい子です。

山に住むネコは、顔つきも体つきもシャープ。

人にエサをもらうネコたちと違って、野生味が感じられます。

まるで、銀河-流れ星 銀-のワンカット。

いや、ニャンカットと言うべきか。

若い人にはわからないかもしれない…

どうぞググってみてください。

船置き場は、ネコたちの楽園。

揺れる船の上はゴメンだけど、陸に上がった船の管理なら任せといて。

ちょっと毛がついてるくらいは、ご愛嬌ね。

高い木や建物が少ない高島では、船の下は、貴重な日陰の昼寝場所。

同時に、縄張り争いの絶えない場所でもあります。

ねぐらを荒らそうとする輩に向けられる、容赦ないこの鋭い目つき。

この鋭い目つき。

三毛なのでおそらくメスです。

人間で言ったらスケバンか、はたまた女王様か…

ドMがたくさん集まりそう。

軍艦島?そんなの知りませんわ。

ネコ缶島なんてものがもしあれば、ちょっと行ってみたいけれど。

この子はおそらく、昔ターミナルにいたアイドルネコの親戚。

白黒のツートーンが魅力の可愛い子です。

炭鉱時代に全国から人が集まった高島には、長崎特有の尾曲がりネコがあまり多くありません。

この子も、まっすぐな長い尻尾がすらり。

土地ごとに違いがあるのもまた面白いですね。

高島のネコたちはいかがでしたでしょうか?
お気に入りの子はいましたか?
飼われているネコたちとはまた違った、自然に生きるネコたちの魅力が伝われば嬉しく思います。

自由気ままな生活を送るネコたち。

ちょっと羨ましくなったときは、束縛された生活にストレスを感じているときかも。

そんなときは高島のネコたちと触れ合って、のんびりと自由な時間を過ごしてみてはいかが?

撮影:大島写真事務所
大島猛(オオシマ タケシ)氏

https://www.photoreco.com/ohshima

最新情報をチェックしよう!
>世界遺産・軍艦島

世界遺産・軍艦島

軍艦島

CTR IMG