画像引用:パナホーム公式HP

 

パナホームという注文住宅があります。

その歴史は古く、1959年に現在のパナソニック株式会社(当時のナショナル)で住宅建材事業部ができます。

1963年にはその住宅事業部からナショナル住宅建材株式会社を立ち上げ、1977年に商品ブランドが「パナホーム」と命名されました。

古い歴史があり、全国的に有名なパナホーム。家電メーカーで作る注文住宅の秘密を探ります!

 

地震に強い構造

地震の多い日本。

パナホームでは、鉄骨造の住宅を作っています。

また、ふたつの構造で地震に対応しています。ひとつは強固なブロック体を形成することで高い耐震性を実現した「大型パネル構造」。もうひとつは高層ビルで使われている制震技術を住宅用にサイズダウンした「制震鉄骨軸組構造」です。

このふたつの構造の大きな特徴は、繰り返しの地震にも強い構造だということ。

熊本地震では震度7という非常に強い地震が短い期間に2回発生しました。もちろん、長崎でも同じような地震が起こる恐れがあります。

できるだけ強い住宅で、自分と家族の一生を守りたいものですよね。

 

健康を守る空気

夏のジメジメ、冬のカサカサ。

日本の空気は季節によって大きく変わります。

それに対応しているのが、珪藻土壁や地熱の活用です。

高性能のフィルターを使ってPM2.5よりさらに小さいPM0.5にも対応しています。

家電メーカーが作る空気って、安心ですよね。

 

価値が続く時間

高いお金を使っておうちを建てても、時間が経つにつれてその価値はだんだん下がっていきます。

パナホームでは、建材の質を高めるだけでなく、最長60年まで続く保証でメンテナンスも安心です。

将来もし賃貸に出すような場合にも活用できる制度もあります。

 

長崎県でもパナホームの家を体験できます!

KTNハウジングギャラリー展示場
住所:諫早市多良見町市布1473
電話:0957-43-3784
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日