賑町でほっこりできる場所

6月に入り、雨が降る日が多くなりましたね。

夏も近いですが、ちょっと肌寒くも感じます。

先日、中央公園の近くにある「木曜日のくしゃみ」というお店にお邪魔しました。

パンとスープのお店で、今年5月にオープンしたそうです。

「木曜日のくしゃみ」という名前が個性的だったので、名前の由来を聞いてみると、ヨーロッパのことわざで”良い知らせの前兆”という意味だそうです。

テーマカラーは「青」

青は、お店のマークである小鳥が青で描かれているので、それに合わせて青で統一するようになったそうです。

壁紙も青で、食器もテーマカラーに合わせて青のものが多く、とくにお気に入りのメーカーはないそうで、青の食器を見つけるとついつい買ってしまうんだとか。

北欧が好きで、店内も北欧テイストの暖かい雰囲気で作られていました。

私は、スープセットC(スープ2種+パン2個)を頂きました。

モクシャスープ(写真左)は季節によって入っている野菜が変わるそうです。

野菜は有機、無農薬にこだわっていて、長崎の八百屋さんから仕入れているとの事。

パンにもこだわりがあるそうで、バターの代わりにオリーブオイルやアマニ油を使ったヘルシーなパンを瞬間冷凍してたものを取り寄せているんだそうです。

“生活全体をリラックスしたい”

ということで、オーガニックコットンのお洋服も販売していました。

なぜ、ここまでココロと身体に優しいものにこだわったのかというと、もともとアロマテラピストをされていたオーナーさんが、体調を崩したことをキッカケに食の大切さに目覚めたそうです。

スープにすると沢山の栄養が取れるし、吸収が早いということで、ヘルシーなパンと野菜のスープのお店になったんだとか。

ほっこりした時間を過ごしたい方はぜひ遊びにいってみてください♪

店名:木曜日のくしゃみ
住所:長崎県長崎市興善町8-1
営業時間:11:00〜17:00(土曜は15時まで)
定休日:日祝日
電話番号:095-826-6787

最新情報をチェックしよう!
>世界遺産・軍艦島

世界遺産・軍艦島

軍艦島

CTR IMG