活水女子大生がデザインした長崎モチーフのランタンが可愛すぎる|長崎ランタンフェスティバル

お祭り

可愛すぎる!活水女子大生・長崎ランタンフェスティバルデザインランタン

祝祭ムードに沸く長崎ランタンフェスティバル。
2020年2月8日 JALシティ長崎にて、活水女子大の生徒さんたちが、手がけた手持ちランタンの配布が行われました。

テーマは、「手持ちランタンをデザインして長崎、中華街を盛り上げよ!」

活水女子大生の1年生がキャリアデザインセミナーの一環としてデザインした長崎モチーフのランタン。
1年生309人が4〜5人の班に分かれ、フィールドワークやセミナーを重ね、由緒ある活水の歴史や長崎新地中華街、延いては長崎の魅力を自ら掘り下げ、理解を深めてきたと言います。

最終的に、上位3チームのランタンがカタチになり、JALシティ長崎にて整理券が配られ、抽選で限定60個、配布されました。

長崎ランタンフェスティバルに彩りを添えます。

友達と一緒に私も抽選に並び、運良く揃ってゲットできました。
一緒にお手製の撮影ポイントマップも入ってましたよ。

当選者には、ハッシュタグを付けてのインスタ投稿のお願いがありました。

ハッシュタグ一覧はこちら

  • 長崎
  • 活水
  • JAL
  • JALシティ長崎
  • ランタン

ぜひチェックしてみて下さい!!

ながさーちのインスタグラムにも、投稿させていただきました!
@nagasaki_search

撮影スポット:長崎新地中華街

とっても可愛いランタンで中華街を賑やかに。「どこで売ってるんですか?」と聞かれるほどに目を惹く存在に。

撮影スポット:銅座川

活水の活ける水とステンドグラスをデザインしたというランタンは、銅座川の水面に映るピンクのランタンと撮影。ポップで可愛らしい色遣いが印象的!

撮影スポット:崇福寺

中華街を起点に東西南北にある長崎の名所(ハタ揚げ、帆船、大浦天主堂、眼鏡橋)をデザインしたランタン。ぼんやり灯るランタンは、しっとりとした夜の崇福寺に映え。
配布された2月8日は、旧暦元旦である春節から数えて15日目の元宵節にあたる満月の夜でした。

キャリアデザインセミナーには、お題への企画プレゼンを通して、問題解決力やリーダーシップなどの力を身に付ける狙いもあったとのことで、今後のますますの活躍を期待しています。

活水女子大学

活水女子大学
活水女子大学。入試情報、学部学科・学問情報、就職・キャリア情報など。

ホテルJALシティ長崎

[【公式サイト】長崎新地中華街徒歩1分! JR長崎駅までタクシーで5分。]
https://www.nagasaki.jalcity.co.jp/

この記事を書いた人

長崎生まれ
広島大学で建築設計を学ぶ。
Berlin-Germanyを拠点とし、Wien〈ウィーン〉ではSHAREarchitects、Dresden(ドレスデン)AderArchitektenに勤務。
帰国後、こどもとのワークショップに力を注ぐ。

290をフォローする
お祭りランタンフェスティバル
シェアする
290をフォローする
ながさーち|長崎の観光スポット・グルメ・イベント情報など
タイトルとURLをコピーしました