しとしと雨が降りしきる中、必死にGoogleMAPを頼りに私の新しい職場であるHafH Nagasaki SAIを目指した。

HafH-世界を旅して、働こう
https://hafh.com/jp/top/

寂しさと不安(ついでに愛しさと切なさと心強さ)、それらも一緒にバックパックに背負い、浜町アーケードを抜けるとそこにはベールにつつまれた3階建ての建物があった。

「ふぅ」

と深呼吸をひとつ。

中に入ると大工さんや電気屋さん、水道屋さんなど様々な職人さんが動き回っている。

(あ、あれ…?!大瀬良さんはどこだ?)

そう、私は六本木のオフィスで先述のRyo氏にこう言われていた。

「あっ、長崎行ったらSeraさんっていう支配人がいるからその人を頼りに行ってね〜!」

「ちなみにSeraさんは俺の母だからね」

と。

…せ、せらさん!

なんだかとてつもない人そうだな!

と勝手にイメージを膨らませていると、職人さんが2Fにいるよと教えてくれた。

「こ、こんにちは!初めましてオーセです!」

と挨拶をするとニコニコ笑顔のSeraさんが居た。

「あー!オーセさん!本物だぁ!宜しくね!」

(ううぅ…、なんて良い人なんだ!俺はここ長崎で安心してやっていけそうだ!!涙)

と、勝手にイメージしていた渡る世間は鬼ばかりの泉ピン子像を払拭した。

ちなみにSeraさんは本当の息子のように、我々メンズ勢を可愛がってくれるし、本当の息子のように、

「ちゃんと飯食わんばね!」

「おい、オーセ!説教だ〜!!」

と時には叱咤してくれる。

私もそんなSeraさんを母のように慕い、愛情を込めて

「ママ!」

と呼んでいる。

ああ、僕はみんなに支えられているなぁ!

次回、

「オーセ、長崎県民と初めてのふれ合い! 〜HafH編第2章〜 」