三百余年。長崎の歴史とともに歩んできた、カステラづくりの老舗「松翁軒」が年に一度だけ発行している読んで、長崎のお菓子カステラを通して日本文化や南蛮文化を考えることが出来る本。