新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策とお伝えしたいこと

長崎を大切に思い、ながさーちやその他のメディアに協力していただいてる方
ながさーちを利用していただいているユーザーのみなさんに
ながさーちの編集長・折目英司より
ウェブメディアとして
お伝えしたいことがあります。

これまでの当たり前に行われる、日々の生活・公的なサービス・コミュニティなどが近年の歴史上、類を見ない状態で試されています。

長崎や日本国内にとどまらず、世界中の人々が困難な日常を送ることを余儀なくされ大切な人とのふれあいもできなくなっています。

人々が疑問や不安を持って生活する
状況の中で、民主主義という開かれたシステムにおいて、
政治が透明性が必要なのと同じくメディアにも透明性と社会的義務を果たすことが必要不可欠です。

同じ社会に生きるものとして個人が真剣に考えることを望んでいます。

自体は深刻です。

多くの人が考えているよりも、状況は切迫しています。

新型コロナウイルスによる問題の発生は、ウイルスだけの問題に限らず
社会システムや生活に対する問題でもあり、
みなさんが個人の問題として、課題として理解していけば解決できることだと考えています。

長崎に生きる人だけでなく、年齢・性別・宗教や思想あらゆる人々は
その区別に関係なく生きている人々・個人ひとりひとりが大切な存在です。

人だけでなく、コミュニティ・共同体を危険に晒す行動すべてを
禁止または停止する必要があります。

すでに自主的に取り組む飲食店や販売店も見られます。
社会的にも金銭的にも厳しい情勢の中、努力していただいている方々に協力していただいて、本当にありがとうございます。
また、常に危険に晒されながらも市民の日常を支えるために働く方々には感謝しかありません。

共同体・コミュニティに所属している、自分自身もウイルスにかかる危険性があるように誰もが協力をして、個人の力を合わせる必要があります。

自分には関係ない、これぐらいでいいだろうといった考えは
自分の周りの人間を危険にさらし、共同体・コミュニティに危害を加えます。

自分たちがどれだけ貧弱で、他人の好意に甘え
日頃、多くの人に支えられていたかを
考えさせられます。
また、そういった人々をないがしろにして
大切にしていない人の行動や発言が
より鮮明にわかるようになりました。

それだけでなく、自然の恩恵の中に暮らしていることも実感させられます。

状況を正しく受け止めた上で、新しい取り組みを行わなければなりません。
これまでとは違った方法で、感謝や愛を伝え、仕事や連絡などを取る様々なことを新しい方法を試していく必要があります。
幸いにも、完全とまでは程遠いですが、世界中には便利なツールが溢れています。
プロジェクトマネージメントツール・オンラインミーティングツール
電子署名など、人に会うことを最小限で留めることができるものが準備されています。

より効率的に、人を危険に晒すことがない方法が
多くの人の努力により、安く便利に使えるようになっています。

これらからわかるように、人には学習する能力があり共同でより良いものを生み出す力があります。
刻々と状況は今後も変化していきます。
それらに対応していけるように、早急にこれまでの働き方やサービスを見直す必要があります。
また、今後人が持つ学習能力を最大限発揮して
対応していかなければいけません。

人には共同体・コミュニティがあるように
問題を共同で解決する能力もあります。

生きて社会に貢献することは、強制ではなく
人が持つ権利であり義務です。
これらの行いによってよりよい社会や未来が維持されています。

問題を解決するには、教養と素養また、人への平等な敬意が必要です。
思いやりと理性を常に持ち、考え続けることを放棄しなければ必ず解決し、新しい楽しい日々が送れることを確信しています。

ウェブメディアとしても、個人としても
この言葉を自分自身が忘れないように
問題解決に当たることをお約束します。

読んでいただけるかた、まだながさーちを知らない方にも正しく考えが伝わることを願っています。

-編集長 折目英司

以下今後の取組と2020年になってからの取り組みに関して

テイクアウト掲載条件

下の小箇条書き項目を行っている飲食店・販売店などに限り掲載して行きます。

  • 県外からの来店をお控えいただく旨を掲載している
  • マスクの着用と消毒にご協力のお願いをお客様に行っている
  • 最小限の接触時間と接触人数を行える店舗空間やオペレーションを行っている
  • テイクアウトの予約制
  • すでに休業している店舗
  • エコバック利用をお控えいただく旨を掲載している

店舗内でお客様や、スタッフが感染して、
特定の空間内でのクラスターが発生することを推奨することはできません。
よって、新型コロナウイルス収束まで、ながさーちでは感染を拡大するような取材や広報活動を行いません。

飲食店や販売店、商店街など、長崎というコミュニティに所属する人たちのためにながさーちという媒体は、未来のためになる判断を行いメディアとして活動する予定です。

世の中のためになると思って活動する方々も、
店舗やテイクアウト紹介なども、その店舗で感染拡大の危険性をはらんでいることを理解していただきたいと思います。

インターネットやSNSなどメディアを媒体とし紹介は行うけれど
店舗でのお客様とのやり取りはその店の責任にするような
無責任な行動は謹んでいただきたいです。

ながさーちでは2月からすでに店舗をマップ上で検索できるウェブサイトを制作して公開していますがローンチしたことは広報しておりません。
また感染拡大が目に見えてわかっている状態での取材も
正しい新型コロナウイルスの特性がわかるまで
危険をはらむ行動を禁止しております。

箇条書き部分が徹底されていない店舗の紹介や
テイクアウトや店舗紹介を一時的に取り上げることは
エンドユーザーのことを考えてないサービスの提供だと考えております。

ユーザー(店舗・お客様)または社会に対して
必要な行動にはリサーチ・マーケティング・ヒアリング・デザイン・マネージメントなど専門性を持った人にしかできないことばかりです。
そういったプロに対する敬意がない行動も控えていただきたいと考えています。

公・私の行いに関して、長年行動なれている方や日々仕事をこなされている中にもプロ意識にかけて、同業者やパートナーなどをリスペクトされてない方に
お会いすることがよくあります。
地方で仕事が細分化されていない状態で、専門性を持った人や、アーティスト、ミュージシャン、芸術家と触れ合うことが少ないことも要因で、残念に思います。

善意で人を傷つけたり、社会的損失を生んだりすることは
社会や共同体の一員として権利と義務を理解されていないことは
残念です。

掲載条件は、刻々と変わる状況に合わせて変更します。デリバリーに関しても
手袋や置き配などの取り組みを中心に、掲載をできればと考えています。

年始からこれまでの取り組み

2月からの取り組みとして、サイトには広告無料掲載やサポートに関する
チャットやチャットボットを新しいサービスとして行っています。
協力していただける企業様・個人店舗・飲食店の方、お問い合わせお待ちしております。

オンラインミーティングができる環境も、費用を出して準備していますので
安心してオンラインミーティングのルームをご利用いただけます。

すでに概出ですが、オンラインマップから身近な飲食店などを検索表示できるサイトもあり、そちらに条件に沿った店舗はデリバリーとテイクアウトの
カテゴリー表示・検索ができるようにいたします。

短期的な意味以外の利用が目的ですので
こちらのサイトも含めて、
長期的に役立つコンテンツの制作と情報発信を
企業やユーザーのヒヤリングなどをもとに行い、活用していきます。

専門的な話になりますが、マッピングにはオープンストリートマップ
データはオープンデータの活用ができるテーブルデザインを
心がけています。

新しい取り組みに向けて

ながさーちはインターネットメディアとして日本では珍しく
すべての収益を社会のために使用することを約束しております。
社会に貢献するということ、義務を果たすということを
この機会に考え直すべき人たちに大切なことが伝わることを
切に願っています。

ながさーちはオンライン上で企業様との企画を進めております。
またユーザーのヒアリングも行い、手助けできることはないか
個人の意見を参考にしております。
コミュニティやそこに所属する人々、企業のために
今後もウェブメディアとしての役割を
果たしていくので、それぞれの境遇や思考はあるでしょうが
賛同して協力していただけることをお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!
PR
>世界遺産・軍艦島

世界遺産・軍艦島

軍艦島

CTR IMG