紫陽花まつりで巡る長崎観光シーボルトの軌跡

紫陽花まつりでシーボルト所縁の地を巡る

紫陽花まつり|日程と主な植栽会場一覧

開催期間:2019年5月25日(土)〜6月16日(日)

今年は、19種類、約3,000株のあじさいが、市内各所に設置されます。

特別に植栽する会場一覧

  • 眼鏡橋会場
  • 出島会場
  • シーボルト宅跡会場
  • JR長崎駅会場
  • グラバー園会場

詳細はコチラ
https://www.nagasaki-tabinet.com/common/pdf/index.cfm?path=/db_img/cl_img/50844/document.pdf

モデルコース|シーボルト所縁の地を巡る

出島を出発し、眼鏡橋の架かる中島川周辺を散策したのち、シーボルト記念館まで足を延ばす最もオーソドックスなコースです。
寄り道をしなければ、約3kmの道のりになります。

なぜ、紫陽花まつりでシーボルト所縁の地なのか?

それは、紫陽花が、シーボルトが愛した、とても特別な花だったから。
彼は、この日本生まれの「あじさい」を、国外追放の際に、愛する人お滝さんの名前にちなんだ「オタクサ」という学名でヨーロッパに紹介しています。
長崎市の花にも指定されており、長崎では、シーボルトのロマン溢れる花として、親しまれています。

紫陽花|出島和蘭商館跡

https://nagasakidejima.jp/archives/10682

1823年にオランダ商館医として出島に赴任してきたシーボルトは、鳴滝に開いた私塾にもここから通っていました。
ということで、紫陽花巡りはここ出島からスタート!!


紫陽花とともに写真を撮りながら復元されたまち並みを楽しむだけであれば、所要時間は30分程度です。が、ひとつひとつの資料館をじっくりみてまわるとあっという間に2時間経ってしまいます。

出入場は、ぜひ表門橋から!
当時の気分に浸りながら、鳴滝塾跡(シーボルト宅跡)を目指します。

出島和蘭商館跡
所在地:長崎市出島町6-1
開場時間:8:00〜21:00 *入場は20分前まで
定休日:年中無休
料金:一般510円 高校生200円 小中学生100円
公式HP:https://nagasakidejima.jp

紫陽花|眼鏡橋と中島川周辺

川沿いを上流に向かって歩くと、やがて、袋橋から始まり、日本最古のアーチ式石橋として最も有名な眼鏡橋など、通りごとに架けられた石橋群が風情ある景色を創り出します。
期間中は、この中島川沿いに紫陽花がずらりと並びます。

川へ下りて飛び石を渡ったり、ベンチで寛いだり、周辺には長崎で最も古いとされる中通り商店街に、カフェや雑貨屋さんもあるので、思い思いの散歩コースを満喫しましょう。

さらに、晧台寺や興福寺といった寺町のお寺にも紫陽花スポットがあるので、お時間と体力に余裕がある方はぜひお立ち寄り下さい。

今年は、期間中に “紫陽花とお寺巡り” をしたいと思っているので、また叶ったら別で記事書きたいと思います。

暑い日の中島川沿いには、薔薇盛りが美しい昔ながらのチリンチリンアイスも出ています。
味は、さっぱりとした口溶けの良いアイスクリンです。
みつけたら、声をかけてみて下さい。

寄リ道|カステラ元祖 松翁軒 本店/セヴィリヤ

ここで、ちょっとだけ寄リ道。
創業が、天和元年(1681年)というカステラの元祖を謳う老舗中の老舗、松翁軒です。
シーボルトも口にしたのでしょうか。
長崎三大カステラのひとつで、ザラメざくざくしっとり濃厚。
300年の歴史と職人の技が光ります。

さらに現在、季節限定で、「冷花の雫 涼峯」という檸檬の皮の砂糖漬けが入ったあと味爽やかなカステラが発売中。初夏の手土産にぴったりです。

2階には、松翁軒が運営する喫茶セヴィリヤも併設されているので、観光途中のご休憩におすすめ。
店内は異国情緒漂うレトロなつくりで、私のお気に入りは、窓から路面電車が見える市民会館側の角の席でいただくカステラとミルクセーキ。

タピオカドリンク専門店オープン!長崎市内一挙紹介

鍛冶屋町にタピオカドリンク専門店オープン!長崎市内でタピオカがテイクアウトできるお店一挙紹介。ほんのり香る黒糖タピオカや本格茶葉のジャスミンタピオカドリンク。

コメントなし

紫陽花まつりで巡る長崎観光シーボルトの軌跡

目次 1 紫陽花まつりでシーボルト所縁の地を巡る1.1 紫陽花まつり|日程と主な植栽会場一覧2 モデルコース|シーボルト所縁の地を巡る2.1 紫陽花|出島和蘭商館跡2.2 紫陽花|眼鏡橋と中島川周辺2.3 寄リ道|カステラ元祖 松翁軒 本店/セヴィリ […]

コメントなし

長崎県の音楽ライブ・コンサート日程2019

目次 1 9月10月11月12月の音楽ライブスケジュール 2 9月 2.1 12日(木)SHIMA 2.2 18日(水)沢田知可子&中西圭三 2.3 19日(木)沢田知可子&中西圭三 2.4 23日(月)Da-iCE 3 10月 3. […]

コメントなし

長崎県の音楽ライブ・コンサート日程2019

目次 1 ライブ・コンサート/6月7月8月編 2 6月 2.1 2日(日)三浦祐太朗 2.2 2日(日)妹尾武 2.3 2日(日)go!go!vanillas 2.4 8日(土)BLAZE UP NAGASAKI 2019 in HUIS TEN B […]

コメントなし

カステラセットが味わえる長崎のカフェ

旧公会堂電停前の松翁軒本店セヴィリヤをはじめとした長崎カステラを店舗で味わえるカフェや喫茶店を集めました。旅行や観光の合間の休憩にもお土産を選ぶときの参考にもなるので、カステラセットを味わってみましょう。歩くことの多い長崎では休憩ポイントが大切です。観光シーズンなどの組み合うときにもぴったりですね。

コメントなし
松翁軒

松翁軒本店 1F
所在地:長崎市魚の町3-19
営業時間:9:00〜20:00
定休日:年中無休
公式HP:http://www.shooken.com/sp/

喫茶セヴィリヤ 2F
所在地:長崎市魚の町3-19
営業時間:11:00〜19:00
定休日:年中無休
公式HP:http://www.shooken.com/sevilla/

紫陽花|光永寺

一時、キリシタン領となっていた長崎の仏教復興に力を注いだ唐津の僧・慶西によって1614年に開かれたお寺です。
1854年には、長崎に蘭学を学びに来た福沢諭吉が寄宿したことでも知られています。

紫陽花|光永寺
紫陽花|光永寺
所在地:長崎市桶町33

ここからしばらくは、長崎らしい石橋と河原の景色が続きます。

寄リ道|上野彦馬撮影局跡

そのままシーボルト記念館を目指すなら、上野彦馬撮影局跡を経由したい!

上野彦馬は、幕末期から明治時代にかけて活躍した写真家で、中島川河畔には、あの、坂本龍馬の肖像と同じポーズで撮影できるスポットが設けられています。

観光でここまで足を延ばす人は少ないかもしれませんが、カメラひとつで結構楽しめます。
きっと、旅の思い出の一枚になるでしょう。

所在地:長崎市伊勢町4-14

紫陽花|桜馬場天満宮

上野彦馬撮影局跡から左に折れ、170mほど歩くと、長崎街道ここに始まる」と書かれた石碑があり、長崎と小倉を結ぶ長崎街道の出発点になります。
桜馬場天満宮は、この碑からほど近く、当時は、長旅の安全を祈願したり、別れの宴を催したりしていたのだとか。

また、シーボルトもよく使っていた道として、諏訪神社下から新大工商店街を抜け、鳴滝塾まで続く道がシーボルト通りと名付けられています。

所在地:長崎市桜馬場1-4

寄リ道|春徳寺(トードス・オス・サントス教会堂跡)

長崎の歴史に興味があったら、ぜひ寄り道してもらいたい春徳寺。

この辺りは、現在の主要な観光地からは少し離れていますが、昔ながらの地元のお店が残るエリアで、町の歴史は古く、人や物が行き交った草創期の長崎に触れることができます。

1567年にルイス・デ・アルメイダがこの地に渡来、キリスト教を布教すると、1569年には、長崎で最初の教会堂、トードス・オス・サントス教会堂が建てられます。
日本初のキリシタン大名で知られる大村純忠の家臣で領主の長崎甚左衛門(彼もまたキリシタン)によってイエズス会に与えられた土地でした。
また、教会横では国内初のたばこ栽培も行われていました。

禁教令後、この地は春徳寺となります。

所在地:長崎市夫婦川町11-1

寄リ道|古橋(中川橋)長崎市指定有形文化財

石畳みに導かれるように長崎街道を少しばかり散策。
ちょっとした石垣や鳴滝川にかかる小さな石橋からも、高い技術と歴史のあとがみてとれます。

所在地:長崎市中川2-5

紫陽花|シーボルト宅跡/シーボルト記念館

目的地に到着しました!

日本近代医学の父シーボルトが診療所も兼ねて開いた私塾「鳴滝塾」では、全国から集まった才能ある多くの若者たちに対し、西洋医学や自然科学など科学の幅広い分野を教授し、優秀な蘭医や蘭学者を輩出したといいます。

自生する紫陽花に加え、期間中はアプローチに沿って紫陽花の花道ができます。

この跡地に隣接して建てられたシーボルト記念館は、オランダのライデン市にあるシーボルト旧宅がモデルになっています。

企画展「シーボルトとオタクサ」が開催中!
開催期間:2019年4月19日(金)〜6月9日(日)

シーボルトが帰国後に発表した「日本植物誌」をはじめ、シーボルトとあじさいにまつわる資料が展示されています。

タピオカドリンク専門店オープン!長崎市内一挙紹介

鍛冶屋町にタピオカドリンク専門店オープン!長崎市内でタピオカがテイクアウトできるお店一挙紹介。ほんのり香る黒糖タピオカや本格茶葉のジャスミンタピオカドリンク。

コメントなし

紫陽花まつりで巡る長崎観光シーボルトの軌跡

目次 1 紫陽花まつりでシーボルト所縁の地を巡る 1.1 紫陽花まつり|日程と主な植栽会場一覧 2 モデルコース|シーボルト所縁の地を巡る 2.1 紫陽花|出島和蘭商館跡 2.2 紫陽花|眼鏡橋と中島川周辺 2.3 寄リ道|カステラ元祖 松翁軒 本店 […]

コメントなし

長崎県の音楽ライブ・コンサート日程2019

目次 1 9月10月11月12月の音楽ライブスケジュール 2 9月 2.1 12日(木)SHIMA 2.2 18日(水)沢田知可子&中西圭三 2.3 19日(木)沢田知可子&中西圭三 2.4 23日(月)Da-iCE 3 10月 3. […]

コメントなし

長崎県の音楽ライブ・コンサート日程2019

目次 1 ライブ・コンサート/6月7月8月編 2 6月 2.1 2日(日)三浦祐太朗 2.2 2日(日)妹尾武 2.3 2日(日)go!go!vanillas 2.4 8日(土)BLAZE UP NAGASAKI 2019 in HUIS TEN B […]

コメントなし

ながさき紫陽花(おたくさ)まつり2019開催!眼鏡橋やシーボルト邸などで紫陽花がみられるよ♪

目次 1 2019年5月25日(土)~6月16日(日)開催 2 「紫陽花まつり」と書いて「おたくさまつり」と読む理由 2.1 植物学者でもあるシーボルトが愛した日本人の名前が「おたくさ」 2.2 長崎市の市花である紫陽花 3 ながさき紫陽花まつりの魅 […]

コメントなし
シーボルト記念館
所在地:長崎市鳴滝2-7-40
営業時間:9:00〜17:00 *入館は30分前まで
休館日:月曜日 *祝日を除く
料金:一般:100円 小中学生:50円

寄り道|丸川公園 長崎開港先覚者之碑

お疲れ様でした。
たくさん歩いて疲れたと思います。
お帰りは、新中川の電停をご利用下さい。

その際、電停前の小さな公園に少し目をやると、長崎開港400周年を記念して建立された大きな石碑があります。
開港は、長崎の歴史が大きく動いた瞬間ですね。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

長崎は観光地が多くて、日程的にもなかなかこのあたりまで来る時間がとれないかもしれませんが、ご紹介したのはごく一部です。
諏訪神社から蛍茶屋まで、長崎の歴史を知って歩くと、散策しがいのあるエリアなので、ぜひチェックしてみて下さい。

さいごに、紫陽花まつり関連イベントとグラバー園の夜間開園を紹介して終わります。

関連イベント|新大工町商店街 味彩まつり

シーボルトが愛した散歩道。
市場で賑わう新大工商店街では、紫陽花まつり期間中、食の文化でまちを彩る「味彩まつり」を開催。
あじさいにちなんだお菓子やお惣菜が並びます。

関連イベント|ながさき紫陽花さるく

地元のガイドさんが案内してくれる完全予約制の通なまち歩き”長崎さるく”に期間限定で2つの紫陽花さるくコースが登場です。
貴重な解説があってこその見どころが詰まった工程で、理解を深めていきましょう。
工程は、長崎さるくHPよりチェックできます。

ながさき紫陽花さるく
実施日:2019年5月25日(土)〜6月16日(日)
所要時間:120分 *9時半から17時の間で選択
申込期限:希望日の3日前 15時まで
料金:中学生以上1,200円/小学生600円

ながさき紫陽花さるくⅠ. シーボルトと愛のお滝さん花〜眼鏡橋渡って興福寺へ〜
https://www.saruku.info/tour/tsu_gentei_01/

ながさき紫陽花さるくⅡ. シーボルトの寄り道〜あじさいの里 鳴滝散歩〜
https://www.saruku.info/tour/tsu_gentei_02/

グラバー園 夜間開園のお知らせ

ながさき紫陽花まつり|イベント|【公式】長崎観光/旅行ポータルサイト ながさき旅ネット

紫陽花まつりの会場となっているグラバー園。
あじさいをはじめ、一年を通じて園内各所で様々な花が見ごろを迎え、私たちを楽しませてくれます。

期間中の毎週金曜日と土曜日は、特別に夜間開園(21時まで)を実施!

石畳みに顔を出すあじさいの花は、まさに梅雨どきならではの長崎らしい情緒溢れる景色といえます。
夜間開園時は、さらに、夕暮れから夜景に変わる表情の変化も楽しめることでしょう。
グラバー園から港を一望する迫力ある夜景も魅力です。
どこを撮っても絵になるグラバー園。
写真撮影に夢中になってしまいそうです。

グラバー園
所在地:長崎市南山手町8-1
営業時間:8:00〜18:00 *期間中の毎金曜・土曜は21:00まで *最終入園は20分前まで
定休日:年中無休
料金:大人610円/高校生300円/小中学生180円 *団体割引あり

公式HP:http://www.glover-garden.jp

最新情報をチェックしよう!
PR
>世界遺産・軍艦島

世界遺産・軍艦島

軍艦島

CTR IMG