5月から新元号!平成訂正ゴム印が必要な書類ってないですか?

紙媒体の書類は、全てデジタル化して欲しいと思っています。

実際のところ、GoogleDrive,Box,365などでほとんど紙に印刷することなどないです。

しかしながら、まだまだ紙での書類の提出や保存が必要なものもあります。

4月1日には新元号が公表され、5月1日より新年号に切り替わることが決まっています。紙ベースで仕事をされている方の中には「平成」の元号が使われているものもあり、5月からすべて切り替わっているなんてことは無いのが現状です。

「昭和」から「平成」に変わった際には、印刷物にある「昭和」の文字を訂正するために、訂正ゴム印の需要が急増したそうです。

修正の必要な書類全てを手書きでなんてことは、考えたく無いですよね。

そこで、『新元号対応の訂正ゴム印セット』というハンコが日本法令より発売されています。

「平成」の文字を手間なくきれいに新元号へ訂正できるハンコセット

商品内容
. 新元号印4本セット(注文番号:元号1S)
・新元号印(4号) ※61×6×11mm(印面部分 5×10mm)
・新元号印(5号) ※61×5×9mm (印面部分 4×8mm)
・訂正用二重線印(5号) ※61×5×9mm (印面部分 4×8mm)
・「元」印(5号) ※61×5×5mm (印面部分 4×4mm)
価格:800円(税別)

※上/下のサンプル画像は「平成」となっていますが、実際に販売する商品は「新元号」に変更されて届きます。日本法令

受付期間:平成30年7月1日~平成31年3月31日(予定)

商品納期:平成31年新元号発表日よりすみやかに出荷

公的機関の書類等、民間もそうですが、ペーパーレスにした方が仕事が早く簡単になり、手続きも楽になると思うのですが、システムを独自にしたりして結局のところ誰にも使われないものだったりしても意味がないので、悩ましいですね。

最新情報をチェックしよう!
>世界遺産・軍艦島

世界遺産・軍艦島

軍艦島

CTR IMG