1. TOP
  2. トピック
  3. 【家族連れにオススメ!】手ぶらで行っても楽しめる長崎市の釣りスポットで実際に釣りをしてみた

【家族連れにオススメ!】手ぶらで行っても楽しめる長崎市の釣りスポットで実際に釣りをしてみた

長崎に住んで2年経ってもなかなか長崎弁が身につかない、元東京人のてくてくです!
今回は、高島にある「飛島磯釣り公園」をご紹介します。
お子様連れや女性でも安全で気軽に釣りが楽しめる、オススメ釣りスポットで実際に釣りを体験してきたのでぜひ参考にしてくださいね!

高島と言えば、釣り好きの間ではそれなりに名前の知られたスポット。
ヒラスズキやクロ・ミズイカなど様々な魚種が狙える良質の釣りポイントが多く存在し、釣れる時期には朝一番の船でたくさんの釣り人が訪れています。

釣りは、魚と格闘する楽しさや釣った魚を食べる満足感が醍醐味ではあるのですが、初心者にはなかなかハードルが高く、クーラーボックスや釣竿といった大荷物に加え仕掛けの複雑さ、素人には真似のできないテクニックなどもあり、いざ始めようと思っても何をしたらいいのかわからない…という人もいるのではないでしょうか?
さらに釣りに慣れたベテラン勢は防波堤や足元の悪い岩場にも、物怖じせずに足を踏み入れます。
とても女性や子ども・初心者の方にオススメできる場所ではありません。

そこで、家族連れや釣りの経験がない方でも楽しめる釣りスポット「飛島磯釣り公園」で実際に釣りを体験してきましたので、これから釣りを始めたいと考えている方にぜひ参考にしていただきたいと思います。

こちらが飛島磯釣り公園の管理事務所。
まずはここで入園料の支払いをします。
入園料は大人510円(小人250円)、見学は100円(小人50円)です。
高島港ターミナルから釣り公園までは、島内循環バスがオススメ。

使うのは、てくてく愛用のエギングロッド【Sephia BB】と、ダブルハンドルの【SAHARA C3000】。
釣竿を持っていない方は釣り公園の管理事務所でレンタルが可能です。
アジやアラカブ(カサゴ)などが狙えるサビキ釣りセット(竿・さびき・かご・餌)が、だいたい1000円程度で借りられます。
その他、水を汲んだり釣った魚を入れるためのバケツは無料。
初めてでよくわからない場合には、釣り公園のスタッフさんに聞いてみてくださいね。

今日はミズイカ釣りをしてみようと思います。
上の写真は、イカ釣りをするための疑似餌で「餌木(エギ)」といいます。
陸地から、エビや小魚に似せた疑似餌をうまく動かしてイカをおびき寄せて釣る方法を、使う道具にちなんでエギングと呼びます。
高島にはエギングに向いているポイントがたくさんあり、外からの釣り客はもちろん、島の人たちもよくイカを狙って釣竿を振っているほどの好立地!
複雑な仕掛けや餌を必要としないので、手を汚さず少ない荷物で楽しめる点は初心者にも向いているのではないでしょうか。

が、この日は強風のため、エギングをするにはあまり向いていない天候でした…
釣り糸が風の影響を受けやすく、なかなかエギを遠くまで投げられないのと思うように動かせないことが主な要因。

しかし記事作りのために入園料を払って釣りにきた手前、ここで引き下がるわけにはいきません。
なんとかエギを投げては巻くを繰り返すものの、一向に釣れる気配なし。
さてどうしたものか…

場所を変えようと思い、400mほど歩いた先にある釣り公園の中間地点付近の建物あたりまで足を運ぶと、なんと10匹前後の見えイカ(海面近くを漂う視認可能なイカ)の群れを発見!
秋口はよく見かけますが春先はあまり見ないような気がします。
この場所の見えイカはあまりエギに寄ってこないので、どうせ釣れないだろうと写真を撮りませんでした。失敗…
実際は、上の写真に黒いおたまじゃくしのような塊が点々と見えてました。

とりあえずエギを投げてみると、意外にもいい反応が!
そして…

ミズイカゲット!
食べ頃サイズの、ちょうどいい大きさでした♪

締めると瞬間的に色が白くなるのがイカの特徴。
だいたい300g程度のようです。
最近、プライベートでも全くイカが釣れてなかったので1人で歓喜(笑)

ちなみに釣り上げる時にイカスミを吐いたため、群れのイカはみんな逃走してました。

エギングは満足したので次はワームに変更。
ワームとは水中の虫などに似せて作られた疑似餌の一種。
比較的釣りやすいアラカブやハタなどの根魚は、生の餌を使わないワームでもよくかかり、初級者にもお手軽でもっともオススメできる釣りの手法のひとつです。
(高島は問題ありませんが、場所によってはワーム使用禁止のエリアもあるので確認要)

目の前の岩場に落として、底についてから軽く上下させていると、さっそくアタリが!

小さめのアラカブちゃんでした♪
味噌汁には最適ですが、まだ小さいのでリリース。
アラカブは成長が遅いので、これでも1年くらいは生きているのではないでしょうか。
持ち帰らずに海へ帰す場合は空気に触れる時間を短く、なるべく触らず、スピーディーにリリースしてあげてくださいね。

 

とりあえず目標の釣果を達成して写真を撮ることができて一安心。
本格的な暑さの夏が始まる前に、手ぶらで遊びにきても楽しめる、飛島磯釣り公園にぜひ足を運んでみてください!
これからの季節は日差しが強くなるので、動きやすい服装に加えて帽子や飲み物、釣った魚をお刺身で食べたい!という方はビニール袋と保冷バッグなどをお持ちいただくと、より一層釣りを楽しめること間違いなし♪

僕も次回はもう少し大きなイカを釣り上げられるように頑張ろうと思います!

【高島飛島磯釣り公園】

http://www.tobishima.net/

【高島観光ナビ】

http://www.kanko-takashima.com/

\ SNSでシェアしよう! /

ながさーち|旬の長崎が見つかるWEBマガジン【長崎の観光、旅行、グルメetc】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ながさーち|旬の長崎が見つかるWEBマガジン【長崎の観光、旅行、グルメetc】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

てくてく@高島

てくてく@高島

地域おこし協力隊として2015年7月に東京から高島に移住。
誰もが羨むライフスタイルの体現・発信を試みながら、島ライフを楽しんでいます。
趣味:カラオケ、エギング(ミズイカ釣り)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【いよいよ解禁!!】激甘♡で人気の高島トマトが2月から販売開始!!

  • 【景品総額30万円超!!】高島川柳コンテストで入賞するためのポイントまとめ!

  • 【新感覚カフェ体験♪】三川町にあるボードゲームカフェでまるで外国のような体験をしてみた!

  • 【釣り初心者向け】簡単・誰でも釣れる!飛島磯釣り公園でお手軽小アジ釣り♪

関連記事

  • 【景品総額30万円超!!】高島川柳コンテストで入賞するためのポイントまとめ!

  • 【日帰りアクティビティ】高島の透き通る海で、マリンスポーツを堪能するプランを体験!前編

  • 軍艦島に一番近いカフェ!5/20高島ベースカフェOPEN!

  • 長崎新地中華街からすぐ!アクセスに便利な「ビストリア・イン長崎」まとめ

  • 【いよいよ解禁!!】激甘♡で人気の高島トマトが2月から販売開始!!

  • 【新感覚カフェ体験♪】三川町にあるボードゲームカフェでまるで外国のような体験をしてみた!