1. TOP
  2. まとめ
  3. 【長崎市】日本最古の現存教会建築!【大浦天主堂】

【長崎市】日本最古の現存教会建築!【大浦天主堂】

1864年にフューレ神父とプティジャン神父の設計により建立された日本最古の現存するキリスト教建築物。正式名称は「日本二十六聖殉教者天主堂」。
1875年・1879年に増改築され、当初の2倍の大きさに拡張し、ゴチック建築様式となった。
内部空間の主要部には創建当初の姿が温存されています。

1945年8月9日、原爆投下によって屋根、正面大門扉、ステンドグラスその他の部分に大きな被害を受け、1952年国庫補助により、5年の歳月を費やして修復工事が完了した。

 

1.2つの出来事

①日本二十六聖人

1549年にフランシスコ・ザビエルが日本に宣教して以来、約50年ほどがたった時、豊臣秀吉の「キリシタン禁教令」のため、京都で宣教師6人、大阪でパウロ三木ら日本人18人を捕え、途中2人が加わり計26人を1ヶ月ほどかけて裸足で歩いて長崎へ護送させました。
1597年2月、長崎の西坂の地で十字架に架けられ、この26人のカトリック信者を処刑したとされています。
日本でキリスト教の信仰を理由に処刑が行われたのはこれが初めてでした。
大浦天主堂は、日本で最初に殉教した日本二十六聖人たちに捧げられた教会です。

 

②信徒発見

1864年に建設されたその約1ヵ月後、浦上の潜伏キリシタンがプティジャン神父に信仰を告白し、キリシタン禁制下で250年間、密かに信仰を続けてきた「信徒発見」という世界宗教史上に残る舞台となったのが大浦天主堂です。

 

2.国宝指定と世界遺産候補

日本最初期の洋風建築として1933年文部省により国宝に指定されましたが、1945年原爆で被害を受け、1953年に再指定されました。
また、大浦天主堂とその境内にある、旧羅典(らてん)神学校、旧長崎大司教館などの歴史的な建造物群は「大浦天主堂と関連施設」として2012年に国の史跡に指定され、世界遺産候補となっています。

大浦天主堂
住所:長崎市南山手町5-3
TEL:095-823-2628
拝観時間:8:00〜18:00(最終受付17:45)
料金:大人600円/中高生400円/小学生300円(団体料金あり)
URL:http://www1.bbiq.jp/oourahp

\ SNSでシェアしよう! /

ながさーち|旬の長崎が見つかるWEBマガジン【長崎の観光、旅行、グルメetc】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ながさーち|旬の長崎が見つかるWEBマガジン【長崎の観光、旅行、グルメetc】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かな@ながさーち主婦ライター

かな@ながさーち主婦ライター

ながさーち編集部の主婦ライターです♪主婦目線・女性目線で記事を書いていきます♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2018年】長崎県の酒蔵開きスケジュールまとめ(焼酎・日本酒・地酒)

  • 4月にオープン予定の韓国子供服ショップ【Ame’lie】が長崎でイメージモデルを決めるオーディションを開催‼︎

  • 【2018年版】お正月のおもてなしに!長崎市のおせち料理まとめ

  • 賞金5000円!あなたの写真が本になる!長崎○○LOVERSキャンペーン!

関連記事

  • 最新!グラバー園・大浦天主堂の周辺(東山手・南山手エリア)のおすすめ駐車場15選