1. TOP
  2. トピック
  3. 3/1上五島・蛤浜海水浴場すぐの所にゲストハウス「五島バックパッカーズぽれ」が新築オープン!

3/1上五島・蛤浜海水浴場すぐの所にゲストハウス「五島バックパッカーズぽれ」が新築オープン!

2017/3/1に、上五島の蛤浜海水浴場のすぐ近くに、「ゲストハウス・五島バックパッカーズ ぽれ」がオープンしました!!

 

上五島は安くても6000円とかのビジネスホテルばかりでバックパッカーの方とか長期滞在したい方が気軽に泊まれる宿が少なかったので、旅人にとっては超うれしーゲストハウス情報でしょうね。

 

「ぽれ」という言葉はアフリカの言葉で「ゆっくりのんびり」という意味らしいです。旅好きな人たちが安く泊まれてゆっくりとのーんびりと五島を楽しんでほしい!との想いが込められてるんだって。

 

ぽれの立地

まず、立地について。有川港から徒歩5分くらい。蛤浜海水浴場のすぐ近くにあります。

ちなみに、はまぐりはま、と読みます、これ。

 

裏に海水浴場があるのですぐ行けます。

 

 


建物の横に小道があるわけ。これ、奥に絶対なんかあるやん(´-`)

 

 


そこを進むと、ほらほら、なんかありそうやん?

 

期待させるやん?

 

 


お!道の脇に花が咲いてる!

 

とか、普段気にもしない花とかにいちいち感動するやん?

 

自然に敏感になるよねー。離島とか行ったら。

 

 


で、視界戻すやん?

 

 

進むやん?

 

 


ほらほら、なんか見えてくるやん?

 

これ間違いない奴やん??

 

 


ほらほらー、きたきたー。

 

 

海超きれー!!透き通るブルー!

 

やん!やん!

 

 


うわー、海めちゃキレイ!!

 

ビーチはね、半年かけて溜まった木とかでいっぱいだった(笑)。夏に向けて綺麗にするらしいのでシーズン中は無問題。

 

ここはすごーく遠浅のビーチなので、安全に楽しく遊べるビーチとして有名。上五島で一番人気があるんじゃなかろうか。

 

遠浅すぎて、干潮時にビーチに行ってみると、ほら!!

 

 


すっごい遠くまで潮が引いてる(笑)!!!

 

人がごみのように見える!そのくらい広い範囲が砂浜と化してます。

 

ここまで引いちゃうかー。こんな広いビーチだと、なんか面白いことが出来そうだね。

 

ビーチ砂合戦とか面白そう。痛いか・・・。

 

 

とまあ、蛤浜ビーチの説明になってしまいましたが、徒歩30秒(道脇のお花に気づかなければ)でこのビーチに行けるわけ!!

この立地が、まず魅力ポイントですな。一番の。

 

この立地が本当嬉しい。

 

ぽれってどういう建物??

 

で、建物を見てみましょう。

 


急に夜になるっつうね笑。

 

 

夜の雰囲気が良いので、夜ぽれを紹介します^^

 

 


ゲストハウスと言ったら共有スペースよね。

 

旅人同士ゆっくりくつろげる空間。

 

この後、ソファとか来るらしい。より快適になっちゃうらしい。

 


洗面スペース。ここも木材でしっかり作られてて良い感じの雰囲気。

 

 

ねるとこ。ドミトリーってやつ。

 

個室(4500円)も2部屋ありますが、ドミトリーの方が安い。3500円。

ここも木材で作られている、すっごい柔らかい雰囲気の空間。

 

 

 


ぽれって面白い作りしてて、建物の真ん中に四角い空間があるわけ。

 

光がどの部屋にもしっかり入って、明るくて開放的。

 

既存の建物のゲストハウスって狭い部屋に無理やり二段ベッドを詰め込んだ所とかあるけど、

ぽれの場合はゲストハウス専用に新築された建物なので、お客さんの快適さのみを重視して作られてるわけです。

 

そして、もう1つ、面白い仕掛けがあります。ドミトリーの寝室に。

 

 

普通の2階建ての構造。2段ベットではないのでギシギシせず嬉しい。

 

あと、2段ベッドよりも1,5倍くらい広い。快適っす。

 

と、仕掛けというのはそこではなく、実際に入ってみれば分かります。

 

 

 

そう、2階部分の床が取り外しできるんです!!

 お客さんが多いときは一階も二階も使わなきゃいけないけど、お客さんがいない場合は二階床を取り外して広い空間で利用できるって仕組み。

離島って夏は観光でいっぱいお客さんが来るけど、冬はあんまり来ないらしい。五島って日本一の魚釣りスポットなので、釣り客はよく来るらしいけどビーチ目当ての観光客に比べると少ないんだって。

 

その閑散期には、広々と使ってほしいな~という思いでこんな仕掛けを思いついたんだと。

 

これはね~。。。天井高いといいよ(笑)。

 

まあ、夏とかゲストが多かったらこの仕掛けを利用できないかもしれないですけど、こんな感じで色々工夫してくれてる宿ってわけです。その気遣いだけでも嬉しいじゃないですか(^^)

 

 

最後にもう一個だけ言っておくと、この男子が喜ぶような真ん中がくぼんでいる構造。これも、光を部屋に集めるための設計なんだって。

真ん中の凹んでる部分が通路なんですが、左側の部屋の上の部分に窓があるの分かりますよね?そこから光が入るわけ。。

 

こんな感じで、ぽれは旅人のことをしっかりと考えてくれてるゲストハウス。オーナーさんの息子さんが旅好きで世界なんかかくも回ってるらしく、息子さんの意見を結構取り入れたんだって。

 

ここはねぇ、たぶん楽しいよ^^上五島にお越しの際は是非利用してみてくださいね!

あ、チェックインが少し遅めなので気を付けてくださいな!

 

五島バックパッカーズ ぽれ

〒857-4214 長崎県南松浦郡新上五島町七目郷1005-2
公式サイト http://510backpackers.com/
FBページ https://www.facebook.com/510backpackers/

料金 ドミトリー1泊3,500円 個室1泊4,500円
割引 学割500円引き、その他、島民割引、長期滞在割引など有り(直接聞いてみて!)
チェックイン 17:00~21:00
チェックアウト ~10:00

\ SNSでシェアしよう! /

ながさーち|旬の長崎が見つかるWEBマガジン【長崎の観光、旅行、グルメetc】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ながさーち|旬の長崎が見つかるWEBマガジン【長崎の観光、旅行、グルメetc】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

たくぴー

たくぴー

諫早出身。長崎在住。ながさーちのライター。イベントプロデューサー。
街コンとかバルとかライブとか映画とかイベントで地域活性化してる人。
旅好き。バックパッカーに憧れるも、肩こり持ちなのでスーツケーサーしかできないのが悩み。

コメント

  1. 梶川 卓哉 より:

    こんにちは〜こういうの待ってましタァって感じですよね‼️
    私なんて旅行大好きだけどやっぱ宿代とか実際考えたらそうそう行けるもんじゃないんですよね特に私はほんとお金ないし貧乏してるんで
    しかもココ新築なんですよね〜木のぬくもりや香りが旅で訪れた人達を癒やしてくれそうですね〜
    あと料金などは載ってましたかね⁈良く見てないんで載せてあるのでしたらまた良く確認してみますね〜〜

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 話題のバンブー(竹)アート集団「ちかけん」が5/3に竹あかりワークショップを開催!

  • 2/12思案橋横丁に地酒と地魚にこだわったお寿司屋さん「鮨場 いぶき地」OPEN!

  • 目指せゾロ目!景品が沢山もらえてお得感はんぱないカラオケバーBELLE(ベル)@思案橋横丁

  • 大人の上質な空間「Bar 三浦」が2/9鍛冶屋町にオープン!

関連記事

  • WEEKEND今週末行きたいイベント 06/09~06/10(sat/sun)

  • 【上五島パワースポット】樹齢650年超、アコウ樹・奈良尾神社

  • 【1泊2,000円台〜】長崎市で人気のおしゃれなゲストハウス・5選!

  • 五島に日帰りで海水浴に行けるって知ってました!?

  • 【芋焼酎飲み放題】2017年 五島灘酒造 蔵開きレポート!

  • 【上五島イベント情報】ほたるのふるさと 相河川まつり